FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識(2)
HOME > FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識(2)
FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識(2)


【FX会社を選ぶポイント】

これからFXを始める人にとって最初に迷うのは、どの業者で口座を開設するかです。
その際に考えるポイントがいくつかあります。それは売買手数料、スプレッド、業者の信頼性です。
他にもスワップポイントや最大レバレッジ、最低預託金、最低取引通貨単位、取引通過ペア数などがありますが、これは各個人の取引スタイルによって必要のないものもありますので、FXがどのようなものか解りはじめ、ある程度取引を行ってから検討しても良いと思います。

【FXは「売り」からでも取り引きができる】
FXは株と違い「売り」からでも「買い」からでも取り引きができます。
「売り」から注文して、「買い」と言われてもイメージできない人は多いと思います。
例えばFX会社に保証金10万円を預けて1万アメリカドルを取り引きした場合で考えます。
1アメリカドル=100円の時に1万アメリカドル(100万円相当)を買い、1アメリカドル=101円になった時点で売ったとします。この時アメリカドルは101万円相当(101円×1万アメリカドル)なので為替差益は1万円です。実質1万円の利益になり証拠金は11万円になります。逆に99円まで下がり、この時に決済したのならば1万円の損失になるので証拠金は9万円になります。FXでは買った外貨を現物で受け渡すことはありません。取り引きによる損益は証拠金から差し引きする差金決済で行われます。
次は「売り」から注文した場合ですが同じく1アメリカドル=100円の時に1万アメリカドル(100万円相当)を売り、1アメリカドル=99円になった時点で買ったとします。この時アメリカドルは99万円相当(99円×1万アメリカドル)なので為替差益は1万円です。実質1万円の利益になり証拠金は11万円になります。逆に101円まで上がり、この時に決済したのならば1万円の損失になるので証拠金は9万円になります。
株は下がった時点で買い、上がった時点で売る事で利益がでますが、FXは上がっても下がっても利益を出す事ができるのです。

【スワップポイント】
スワップポイントとは1日毎に金利が発生します。これは通過ペアや、買い、売りによってプラスであるかマイナスになるかは決まっていません。注文をする時はこの辺りも考慮する必要があると考えます。FXをする人の中にはスワップポイントを狙って注文をする事もあります。但し為替の変動によるリスクを考えると危険であると思います。

【注文方法】
FXにはさまざまな注文方法があります。

「成行注文」
成行注文は価格を決めずにその時点での実勢レートで売買を行う注文方法です。

「指値注文」
指値注文は取り引きしたい価格を指定する注文方法です。指定された為替レートにならないと注文は実行されません。

【逆指値注文】
逆指値注文は文字通り指値注文の逆の注文方法です。具体的には指定する指値の方向が逆になります。
例えば1アメリカドル100円の時に買ったとして99円まで下がったとします。この時点で1円分の差損が発生しています。98円(2円分の差損)までは我慢できるが、それ以上は避けたいと思った時は98円の「売り」で逆指値注文を行います。これはストップ注文とも呼ばれ損失の拡大を防ぐために行います。


FX(外国為替証拠金取引)は外国為替レートの変動により大きな損失を被る場合があり、元本が保証されているものではありません。 FX(外国為替証拠金取引)をする時は取引の内容を十分にご理解いただいた上で、自らの判断でお取引してください。当サイト及び当サイト管理人は責任を負いませんので宜しくお願いします。




HOME > FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識(2)
ページのトップへ

当サイトで提供している情報サイトに登録される際の最終判断は、利用者本人の自己責任でお願い致します。
また、如何なる場合においても当サイトに掲載されている内容の、無断引用・転載は固くお断り申し上げます。
Copyright (C) ネットで収入データベース 2008 All Rights Reserved.